Ubuntu20.10でRの環境構築をやる

概要

Pop!_OS 20.10を使ってるが, Rのインストールにちょっとハマったのでメモ.

インストール

普通にaptでインストールしようとするとdependencyを解決出来なくてコケる. どうしようもないので自分でビルドする.

sudo apt-get install -y gfortran libreadline6-dev libx11-dev libxt-dev libpng-dev libjpeg-dev libcairo2-dev xvfb libzstd-dev texinfo texlive texlive-fonts-extra screen wget zlib1g-dev libbz2-dev liblzma-dev libpcre2-dev libcurl4-openssl-dev openjdk-11-jdk
cd /usr/local/src
sudo wget https://cran.rstudio.com/src/base/R-4/R-4.0.3.tar.gz
sudo su
tar zxvf R-4.0.3.tar.gz
cd R-4.0.3
./configure --enable-R-shlib
make
make install
cd ..
rm -rf R-4.0.3*
exit
cd

これでビルド出来る. RとRscriptのインストールはこれでおk.

その他

  • RstudioのインストールはRのインストールが終わってからやる. RstudioはバックエンドにRを使ってるのでRがインストールされてないと動かない.
  • VSCode上でRを書きたい人はjsonliteをインストールした方が良い.
    • $R
    • > install.packages('jsonlite') これでおk